スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


孤独に怯えるその前に
re-DVDP.jpg


やっぱりDVDプレイヤーに戻った。
設置の仕方に問題あるけど、結局こっちの方が深みのある音が出る。
色々がんばってみたけどiMac+自作USB-DACじゃ、音がガサついて
どーにもこーにも、、、

MacBook AirにUSB-DACって構成が一番音いいんだけど、
バッテリ駆動でいちいちローカルにファイル保存して再生という限定条件
めんどくさくて毎回できません。USBケーブル繋ぎ直すのもめんどいし。

今回の教訓は上流になればなるほど気を使わないといけないということ
DACなんて一朝一夕にいいもんは作れないようです。
正直ナメてました。これは難しいわ。
何が音に影響してくるのか皆目見当がつかん、お手上げ。

ま、その前にスピーカーのセッティングがダメだと何やってもダメだけどね。
ちゃんとできてないとアンプ変えようがプレイヤー変えようがケーブル変えようが
全然変化しないので、まずはセッティングです。
ちなみにオレはセッティングできてるかどうかの指標は、いつもハイハットの音にしてる。
セッティングがうまくいくと本当に手元にドラムセットがあって掴めそうな感じになるから
すぐにわかるもんね。(注:録音のしかたによって変わることがあります)
3000円のPC用スピーカーですらセッティングできればそんな感じの音になる。
高いスピーカーになればもっと各楽器の輪郭線がハッキリして、細かい音まで聴こえる感じ。

「セッティングって何?」って人は一度左右のスピーカーを耳の横くらいに持ってきて、
耳からの距離が左右均等になるように置いてみて欲しい。
どうでしょう?いつもとちょっと違った音になってませんか?

iTunesは便利だけど、良い音で鳴らすためにコツがいり過ぎる。
まず再生するパソコンで音が変わるし、HDDのシークとかでノイズ乗るし
それ以上にファンが盛大にノイズまき散らすし、、、
気にならないふりしてたけど、もう、無理。
やっぱプレイヤーがいります、というわけでメディアセンター化はしばし断念。

あー映画も全部Macに任せてホームシアター化も計画してたのにな、、、
オーディオに特化したPCってここらへんのことも全部考慮して設計されてるのかな?
関連記事
2008/07/05 00:08 | オーディオ | スピーカーDACハードディスクセッティング自作 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<友人の結婚式でやらかしてきました | ホーム | えっと、どこまで話したっけ?>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/882-53775f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。