スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


そして即復活(じゃなかった)
re-air.jpg


復活しました!液晶バッチリ直ってます!
てか全体的に傷が全部直ってるような、、、
多分液晶だけじゃなくて機体の上半分が丸まま交換になってるようですね。
Appleストアのスタッフさんありがとう、大事に使ってこうと思います~

haisora.jpg


、、、と、思ったらCPUがシングルになって高負荷になる現象が発症、、、
今まで一度もならなかったのに、、、Appleストアなにしやがった?!
とりあえず以下の手順でシングルCPU化回避

1:Xcodeをインストール(既にインストール済み)
2:/Developer/Extras/PreferencesPanes/にあるProcessor.prefPaneを起動
3:CPUの数を2個に設定(これで常時2個で動くようになる)
4:再起動

まあ、普通に再起動すれば直るんですけどウザイんで。



、、、と、これで直るかと思ったら負荷が高くなると勝手にまたシングル化してやがります
以前は全く熱も出なかったのに、メチャメチャ熱くなるしオイオイ、、、
結局再び修理に逆戻りかなぁ、、、「なるべく早く修理して」と言ったのがマズかったか。

http://netafull.net/macbookair/024402.html
こちらの記事によると「Cinema Display」が関連しているかもしれないとのこと、
オレはCinema Displayは使用していませんが「液晶が交換された途端に発症した」
ということでディスプレイが関係しているのかもしれませんね。
(液晶も実は種類が違っているものが混ざっているのかもしれません)
シングル化してしまうと、まともに操作できないくらいに遅くなるので正直キツイ。
しかも、低負荷でもファンがブンブン回るし、動画を再生したくらいで高負荷になる。
以前はかなり重い処理でもスイスイ動いて「全然Air使えるじゃん!」って印象だったのに。
Airを否定する人の気分がよくわかりました。こいつはヒドイ。
う~ん、原因が特定できないYo、、、



高負荷になっていたのはどうやらSpotlightのインデックスを再構築していたようです。
HDDは今回の修理に関係無いのに、なんで初期状態になってたのかは不明。
そしてさらに暴走してらっしゃる。残り時間が1500時間とか(笑)



再構築終了したのにmdsはCPU占有率100%のまま、
AdaptiveMapとInputHistory.plistを削除して再起動しても事態は変わらず。
うーん。やっぱりAir独自の問題なのか?
明日も会社なのでもう寝る



2008/06/02

世の中でよくあるパターンってのは「mdsとLAserverが同時に暴走する」ってやつらしい、
オレのAirはこれとは違ってmdsだけが暴走している。
OnyXを入れてキャッシュを削除しまくり、
Spotlightのインデックスを再構築してみたが、、、変わらず。
ディスクユーティリティの挙動がおかしいことにも気付く、
Installdbってのが暴走していて処理が終わらない。
ソフトウェアアップデートでも同様の現象。なんだこりゃ?
もうOS再インストールしか残ってない気がする、、、
ハード的に死んでなきゃいいんだけど、、、今日はもう放置して、寝る。



2008/06/07

最終的にこうなりました。
関連記事
2008/06/01 17:40 | Apple | Air | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<まだなおらねぇYo | ホーム | GS10とPL100比較>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/876-8eb833c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。