スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


スイッチング電源とコトヴェール
TA2020自作アンプに合う電源はどれか?
トランス、スチッチング等色々試しまくった結果、
結局、スイッチング+SFU-005-3Pという状態で落ち着いています。
スイッチング電源をそのまま使うと、迫力はあるのですが、雑味があり
ちょっといただけない音です。
逆にトランス電源だときめ細やかな音が出るのですが迫力が薄く、
メタル等を聴くには面白みが足りません。
(ノイズ対策してないスイッチングを使うくらいならトランスにすべきですが)

オレが欲しいのは「情報量が多く、きめ細やかで、迫力タップリの音」だっつーの




ノイズ・雷サージプロテクタ【SFU-005-3P】

というわけでこやつの出番。スイッチング電源と組み合わせるわけ。
内部に大型のチョークコイルが入ってるので
トランスとスイッチングの良いとこ取りって感じですか。
前にも言いましたが、えらい変わります。
情報量がグッと多くなり、音の角がとれてまろやかになります。
TA2020に限らず。デジタルアンプは電源の影響が絶大なので、
「なんか音が騒がしくて落ち着かないな~」なんて人は
こういったノイズ除去系アクセサリを一度試されることをオススメしますね!
関連記事
2008/04/12 01:52 | オーディオ | デジタルアンプ電源自作TA2020 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<友達がNHKに出てた | ホーム | オニツカタイガーVSディクシス>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/855-b302af14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。