スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


コンデンサー聴き比べ
どうも、懲りない男。KaFUkAです。
今日はスピーカーの端子部分に並列に接続している0.01μFコンデンサの聴き比べをしてみました。
連休初日にしたことがコレって、、、

capacitor.jpg


右からポリプロピレンフィルム(solen)、積層セラミック(村田)、
ポリプロピレンフィルム(松下)、メタライズドポリプロピレンフィルム(松下)です。

比較用に聴いたのは以下の5CD。

Robot Monster Robot Monster
Don Ross ()
Narada
この商品の詳細を見る
ジャンル:New Age


ラフマニノフ ラフマニノフ
ツィマーマン(クリスティアン) (2004/01/21)
ユニバーサルミュージック
この商品の詳細を見る
ジャンル:クラシック


ザ・サイレント・フォース(DVD付) ザ・サイレント・フォース(DVD付)
ウィズイン・テンプテーション (2005/10/19)
ロードランナー・ジャパン
この商品の詳細を見る
ジャンル:ゴシックメタル


Sunless Days Sunless Days
Beseech (2005/09/05)
Napalm
この商品の詳細を見る
ジャンル:ゴシックメタル



Good morning Good morning
no.9 (2007/03/15)
Liquid note records

この商品の詳細を見る
ジャンル:エレクトロニカ


以下、感想。

>>最下位
積層セラミック(村田)
カッサカサの音で聴けたもんじゃないです。
高音と低音を切ってカサカサの中音域だけ残した感じでした。
定位や空間表現も悪く、最下位。まあ、圧倒的に安い(10円)ので当然の結果ですが、
全てのCDがプリミティブになります、、、

>>第三位
ポリプロピレンフィルム(松下)
音は綺麗だけど低音が出ません。
低音が出ないおかげで聴こえてくる音もありますが、
迫力が無く、ウソっぽくまとめた音に感じられます。
ただし、楽器の数が少ない音源にはおおむね良好で、
Don Ross等は指の動きが見える瞬間が幾度もありました。

>>第二位
ポリプロピレンフィルム(solen)
なんと!この中では圧倒的に高価なsolenのコンデンサが二位になってしまいました、、、
あまりに欲張って、全ての音を出そうとするために音が濁ってしまう印象です。
迫力、高音の伸び共に全体の中で一位ですが、定位や実在感が無く
音だけ迫ってくる印象です。
各楽器の分離が悪くなってしまうのが一番の敗因。
まあ、実際にはスピーカーの能力の限界、自作ポンコツアンプの限界、
セッティングの問題など、コンデンサだけの問題とは言えないでしょうが、
今回同じセッティングで比べた結果は二位です。

>>第一位
メタライズドポリプロピレンフィルム(松下)
小容量のコンデンサはなかなか誘電正接の値がよろしい松下のフィルムです。
(大容量は、、、)
前に一時期使って、気に入らなかったという経緯があるのですが、
今回は、見事一位!ピンポイントで使ったのが正解のようです。
音が非常に滑らかになり、スピーカーの存在感が消え去ります。
各楽器が同時に何を弾いているのかハッキリとわかり、
何よりバンドの中でベースの音が前に出てくるのが他のコンデンサと違いました。
solenでは、メタル等のCDをかけたときベースが音の塊の中に埋もれてしまい、
楽しむことができませんでしたが、これならちゃんとベースを楽しめます!
ワイドレンジなのはsolenですが、音の美しさで松下が一位でした!

たった数百円の投資でここまで遊べるんだから、やめられん(笑)
個人的にはケーブルを変えるよりも効果があると感じるので、
色々、試す価値はありそうです!
関連記事
2007/08/10 21:55 | オーディオ | コンデンサ試聴 | コメント(5) | Trackback(0) | pagetop↑


<<ベンチワークスタディの靴マジ綺麗 | ホーム | 「生きてない」とさえ感じる>>

Robot Monster 買おうとしてたの思い出した. ありがとう.

KaFUkA で幾何学的に回路部品も表現してるあざとさがなんかムカつく
元  †  URL  [編集] 2007/08/10 22:32

ムカついてもなんでもええから、上のリンクから買ってくださいねv-14
KaFUkA  †  URL  [編集] 2007/08/11 17:44

是非試して下さい

始めまして。
0.001μFコンデンサーで是非試して頂きたいのがございます。ギター用としては殆ど無名ながら最高に素晴らしい
1960年代の日本製錫箔ペーパーコンデンサーがございます。現在、秋葉原のラジオデパート1F 桜屋電気にて極少量デッドストックで残っているだけですが、是非オーデイオで試して、その評価を頂ければと思います。
値段は@300円です。メーカーはNCC(日本ケミカル・・・で現在のNCC松尾製ではございません)
私は手持ちの全てのハムバッカーギター及び何本かのストラト・テレにもセットして満足のいくサウンドを得ております。どうぞ宜しくお願いします。
招き猫  †  URL  [編集] 2011/08/13 00:14

あ!! 訂正です!!

0.001 ではなく 0.01μFでした。
大変失礼致しました。
追伸:NCCは色がグレーです♪
お店の御主人も一押しです^^
招き猫  †  URL  [編集] 2011/08/13 00:18

情報ありがとうございます

大変興味深い情報ありがとうございます!
しかし、秋葉原まで行かねば手に入らないというのは難しいですね、、、
また東京出張の際に時間があれば是非購入してみようと思います。
コンデンサの音の変化は特に楽器においては顕著に出ますよね。
ネメ  †  URL  [編集] 2011/08/15 01:33
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/715-7e564158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。