スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


Within Temptation in OSAKA
bigcat.jpg


いやぁ~ウィズイン最高でした!!

なんてったって音が良い!
よくある「CDではあんなに上手かったのに、、、」なんてことは一切無く、
シャロンの高く伸びる高音、ロバートの轟音ギター、、、
しっかりと各楽器が分離して、
それでいて線が細いなんてことは無く、しっかりと図太い音を届けてくれました!
よっぽど良いスタッフ揃えてるんだろうなぁ、、、
(ただし、共振は少し気になりました。そこまで気を使うもんじゃないと思うけどね)

さて、ライブの内容ですが、
ブックレットのイメージそのままに、メンバーがハードな音像を構築する中、
白いドレスを身に纏ったシャロンが颯爽と登場。
前半は新譜からエヴァネッセンス系の曲ばっかで、
「うん?これで押すのか?オレは好きだからいいけど、、、」
と思って(ヘドバンして)ましたが、後半になるにつれて
Within Temptationらしい曲が一気に増え
(The Silent Forceや、Mother Earthからも!)
バリエーションがあってとても充実したライブだったと思います。
やはり「Mother Earth」や「Deceiver of Fools」はWithinらしい世界観のある曲で、
グイグイ聴衆を飲み込んでいきましたし、
逆に「Stand My Ground」では会場全体の一体感が凄まじく、
全員で「スタァ~ンマァイグラァ~ン」ってました(笑)
新譜からは「All I Need」なんかが印象深かったです。
シャロンの優しげな声が感動的でしたね~
しかし、ラストが「Ice Queen」ってのは熱すぎ!!!
おもきし飛び跳ねまくってました!!!
CDじゃ、飛び跳ねるような曲じゃないと思ってたけど、
ライブではマサイ族並にピョンピョンでしたYo!!!
いぁ~ライブバンドですねぇ、、、すっげー楽しかった!

しかし、ロバートもルードも7弦ギターじゃなかった?
最近は7弦があたりまえなんですかね?

ザ・ハート・オブ・エヴリシング
ウィズイン・テンプテーション キース・カピュート
ロードランナー・ジャパン (2007-04-11)
売り上げランキング: 38574
おすすめ度の平均: 4.5
4 勇み足なのは評価できるが…
2 シャロン様じゃない・・・
4 好みに分かれる
5 試しに買ってみたらとても良かった
5 おなかいっぱいでも最高!


ザ・サイレント・フォース(DVD付)
ウィズイン・テンプテーション
ロードランナー・ジャパン (2005-10-19)
売り上げランキング: 30829
おすすめ度の平均: 4.0
2 彼らにもそういう時代があっただけ、ならいいのだけど。
4 ミュージカルのよう
5 歌声に癒されます!
3 WITHIN TEMPTATION "SILENT FORCE"
4 癒される


Mother Earth
Mother Earth
posted with amazlet at 08.12.06
Within Temptation
Import [Generic] (2001-09-11)
売り上げランキング: 117928
おすすめ度の平均: 5.0
5 名盤
5 ★Mother Earth★
4 Evanescence寄りという意味では…
5 良すぎ!


全然関係無いですけど、背の低い女の子が必死に
人の隙間を探してステージを見ているのが印象的でした。
(モッシュとかになると揉みくちゃにされる場合もあるし)
女性に配慮した会場構成も必要なのかな?と思いました。
関連記事
2007/07/03 23:11 | 日記 | イベントゴシックメタル女性ボーカルキラキラ系ギター | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<明日はシャロンだYo~! | ホーム | iPhoneに対抗するための秘策>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/688-3e4b403a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。