スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


明日はシャロンだYo~!
明日はWithin Temptationのライブ!!!
あー楽しみだぁ~!!!シャロン様の変な踊り楽しみだぁ~(笑)
というわけで、ゴシックつながりで2つほど紹介。

Exit Mould
Exit Mould
posted with amazlet at 08.11.03
Pale Forest
Listenable (2002-05-28)
売り上げランキング: 148703
おすすめ度の平均: 5.0
5 ますます可憐でコケティッシュな魅力が満載
5 ますます可憐でコケティッシュな魅力が満載
5 可憐の中の可憐


意外に録音が良いので、オーディオが良いとメッチャ心地良い音を楽しめます。
恐らく普通のオーディオだと「普通の女性ボーカルのロック」って感じで印象も薄そう。
ザクザク、クリーン、アコギとギターも多彩だし、ピアノや電子音も効果的に使ってます。
ドラムもパワーだけでなく小技を効かせて曲の幅を広げています。
かなりニューウェーブよりで、ポップな印象が強いです。てか、普通に家で流せますね(?)
残念なのは、ボーカルが少しロリ声なこと。
ロリっぽいのよりもうちょっと朗々と歌うタイプが好きなオレには、物足りない。
でも、「この声が儚げな感じを出してるのかもしれないなー」とか思うと、
「これでいいかも」とも思う。
男性ボーカルがハードさを演出してたりして、良いアクセントだと思います。
後半の陰鬱かつハードよりの楽曲がgood!
突然ぶっ壊れてアヴァンギャルドの彼方へ飛んでくし(笑)

Letters from Fire
Letters from Fire
posted with amazlet at 08.11.03
Crest
Season of Mist (2002-05-06)
売り上げランキング: 361194


こいつも、ニューウェーブ風ゴシック。
だけどこっちはかなりストレートで「少し影のあるハードなロック」という印象です。
歌い出しの「is there anything to ease the pain」の歌い回しが独特で好きですね。
たまに入る男性ボーカルもポイントついててgoodです。
最近、棚の奥から引っ張り出したらヘビロテになってしまいました、、、

new Aeon
new Aeon
posted with amazlet at 08.11.03
Yae
ポニーキャニオン (2001-06-20)
売り上げランキング: 87392
おすすめ度の平均: 4.5
4 「癒し」の言葉で括るなかれ
5 美しい
4 これこそNEW☆


棚から出てきたつながりで、、、(笑)
もっと、こう、ミスチルとか一般的なもん。出てこないんですかねぇ?オレの棚、、、
なんだろうな、coccoと一青窈を足して二で割った余りの方がメインになった感じ(?)
歌、結構うまいので安心して聴けます。
「夜が 明けて
 朝が来ても
 光を失った 空の下で
 痛みをこらえてる」
という歌詞が非常に好きです
関連記事
2007/07/02 23:35 | CD | ゴシックポップ女性ボーカル耽美 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<野口 強って、、、誰ですか? | ホーム | Within Temptation in OSAKA>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/679-0df8e1af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。