スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


日本人のデザイン
ある友人が私に言いました
「日本人の作る携帯のデザインは横に習えで面白くない!
 もっと「和」の要素を出すべきだ!」
全くその意見には同感です。
「提示するべきスタイル」を生み出せていないという意味では。

一般的にデザインというのが
「スタイルの提示」でなく単に「形」として捕らえられているということは
重々承知しているにも関わらず、彼にはついつい勢いで、
「君の思う「和」とかを形にしてもそれは「ただ奇抜なもの」になるだけだよ」
と、言ってしまいましたが、、、

デザインとは本来スタイルであり、生き方そのものの提案です。
「携帯に何をそんな大層な」と思われるかもしれませんが、
優れたデザインとはそういう人間の根本に関わるものなのです。
例えばiPod、これほどまでにiPodが支持されているという事実には理由があります。
まあ著名人がこぞって使っているというのもありますが、
それ以前に「何か優れているところがあった」から、
多くの著名人が使うようになったという経過があります。
それは何でしょう?
それこそがデザインです!
発売された当初のiPodは、日本のポータブルプレイヤーと比較して
劣っている点がいくつもありました。
電池の持ちが悪い。重い。ボタンの反応が遅いetc
でも、売れた。
何故か?

それは皆がAppleの提唱する「気付かなかった名曲に再遭遇する」
というスタイルに賛同したからです。
これこそがiPodの機能であり、デザインだと考えています。
そのスタイルを実現するためにあのシンプルな「形」が生まれ、
(機能的に劣るにもかかわらず)バカ売れへと繋がったのです。

通常、日本の企業は機能を最初に考え、
次にそれを詰め込むための「箱」を考えます。
この「箱」の形をデザインだと思っている人が多いのですが、
それでは(優れた機能とはなっても)優れたデザインにはならないのです。
「デザインする」ためにはまずスタイルを考えなければなりません。
製作者側からのはっきりとした提案、意思表示です。

その製品を見たときに感じられる
空間性、生活性、それこそがデザインなのではないでしょうか?
その製品を手にしたら
「どんな生活になるだろう」「どんな部屋になるだろう」「どんな出で立ちになるだろう」
無意識の内にそういった思いがふつふつと湧き上がる。
デザイナーの提案を素直に受け入れられる。
それが良いデザインだと思うのです。
iPodが強烈に支持されているのはそういった根底の理由があるからに他なりません。

日本の携帯は「デザインをした」と言っても「形」ばかり追いかけていて、
本来提示されるべき「スタイル」が見えてきません。

auのdesign projectとかずいぶん頑張ってるとは思うんだけどね。
 結局「携帯電話にデザインを押し込む」という作業をしちゃってる気がする)

日本では「スタイルより機能」が重視される社会なので、
利益を追求する企業としては致し方無い部分はあるのでしょう。
でも、それでは同じところの堂々巡りです。
2.0だのコラボモデルだの言っても、当たり障りの無い同じ「ケータイ」です。
iPhoneのような、真のデザインが現れたときに打ち勝つだけの
強さがあるとは到底思えません。

せっかくの技術力。デザインが備われば鬼に金棒だと思うのは私だけでしょうか?
一度、優れた日本人デザイナー達にまかせてみてはいかがでしょう?




nextmaruni 12armless chairs 2005 黒川雅之
価格:48,000円 (税込) 送料込




腕時計「TO/ティー・オー」吉岡徳仁
価格:32,000円 (税込 33,600 円) 送料込

「スタイル」という意味で「和」の提案(日本人的生活感覚の提案)が
できるのであればそれは素晴らしい「和デザイン」だと思いますYo!
関連記事
2007/06/03 21:38 | インテリア | 思想デザイン | コメント(3) | Trackback(0) | pagetop↑


<<各価格帯のオススメ | ホーム | コレ聴けや!>>

機能→デザインの順序を破壊

 「コンセプト→最低限必要な機能→デザイン」
 この順序で、ボクが理想の携帯電話をデザインしてみます。

 完成して、優れてたら掲載してね☆
びっぐスケーる  †  URL  [編集] 2007/06/04 12:58

ものづくり日本のデザイン力

はじめまして、プロダクトのデザインを勉強している学生です。日本は機能技術面は本当に世界一ですよね。これでデザイン力もついたら『ものづくり日本』は怖いもんなしです。
K&Y  †  URL  [編集] 2007/06/04 14:33

コメントありがとうございます!

>びっぐスケーる
頑張ってデザインしてみてね。

>K&Y
どうもはじめまして。
小型化技術と省エネは間違い無くトップでしょう。
これらは十分デザインを活かせる力となりうるので、
これからの展開次第では日本の(商業としての)デザインも大きく変わるかもしれませんね。
KAFUKA  †  URL  [編集] 2007/06/05 08:08
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/660-d1bd7664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。