スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


スピーカーのセッティングについて
コンポでCD流したままで部屋を出ていて、
部屋に戻ってきた時
「おっ!なんか良い音じゃね?!」

でも、机に座るといつもの音、、、「やっぱ気のせいか(笑)」

こんな経験ありませんか?
実はコレ、気分の問題では無いんです。ホントに音が変わっているんです。
皆さんもっと自分の耳に正直になりましょう!

では何故音が変わったのか?
スピーカーと耳の位置関係が変化したために聴こえる周波数域に変化があって、、、(略)
まぁ、変わったと(笑)
(ギターを録音したことがある人ならわかるはず。
 アンプとマイクの距離で音質が変わるでしょ?)
後、部屋のどの場所に立っているかでも変わります。

要は「セッティングこそオーディオの命」なのです!

ということで今回は(てか、ずいぶん前にもアレなこと書いてるけど
スピーカーのセッティングのお話。
なんだか、友人にもオーディオ好きの人間が増えてきて、
皆さんセッティングで困ってるようなので、、、
じゃあ、まず簡単に手順を(基本、音量上げぎみでセッティングして下さい)

1:部屋のどこで音楽を聴くか決める(インテリア的にどこにイスを置くか)

2:耳の高さに合わせてスピーカーを置く

3:スピーカーを自分に近づけたり遠ざけたりする
  (スピーカーを先に置いて、イスを前後させて距離を探してもいい(オレはそうしてる))

4:ある距離で急に輪郭のハッキリとした迫力のある音になるのでその距離を計っとく

5:左右のスピーカーを離していき音に包み込まれる感じを調節(4で計った距離を守りつつ)
  (近付け過ぎるとグジュグジュ、離しすぎるとスカスカの音になりやすいです)
  例1:スピーカーをそれぞれの耳の真横に持ってくる
     包み込まれる感じが強いが、生々しさが無くなる
  例2:左右のスピーカーをピッタリくっつけて真ん前に置く
     迫力はあるがどんな楽器で演奏しているかサッパリわからない
  (部屋の構造によっても変わるので、この例の通りになるとは限りません)

6:そんで、調整してくと正三角形か二等辺三角形に近い形になるとおもう。

  コンポ
   ↓
/  □  \←スピーカー


   ・←自分

(左右線対称になるようがんばって!)


7:スピーカーの角度を調節する
自分から見たスピーカー(右側のスピーカーを例にしています)


音の広がりを重視したセッティング(ボケた音に感じるかもしれません)


sp_set2.jpg

正確な音を目指したセッティング(ちょっとキツい音に感じるかもしれません)


sp_set3.jpg

オレ的にはこれくらいがベストな感じです。
ボーカルや各楽器が浮かび上がってくる感じがたまらん!


sp_set1.jpg

やりすぎ、、、かと思いきや、これが良い音な場合もあるので試行錯誤で頑張って下さい!
(音が塊になって迫力が増した感じになるかもしれません)

とにかく、(設計されていない)部屋の音響特性を完全に数式化するのはほぼムリなので、
地道に、自分の耳を信じて、セッティングするしかないんすよ。
とにかく「自分が納得できるまで」とことんやっちゃって下さい。
最初は「置き方変えるだけでこんなに変わるの?!」って驚くとおもうよ。
ちなみにオレのスピーカーは約1.5m離れないと音が暴れます。
(なんとか、ニアフィールド+爆を実現させようとして(死)った)




MONITOR AUDIO Gold GS10(2本)
価格:188,998円 (税込) 送料込

ちゃんとセッティングされた状態で良い音楽を聴くのが至福の時間です、、、
それじゃ、もう寝る。最近しんどくてさ、、、コメントしてくれてる人ありがとう

全然関係無いけど、共立電子オリジナルの新作MOS-FETアンプが2万くらいででました。
歪みの少ない綺麗な音だったんで気になります、、、
関連記事
2007/04/25 21:54 | オーディオ | スピーカーセッティングGS10 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<楽曲作成時に便利な装置たち | ホーム | BESEECHのLostの最後のブランコのとこ>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/626-04aeaa43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。