スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


遊び過ぎ!だけど遊びで終わらない!
カルテット カルテット
ブラッド・メルドー パット・メセニー (2007/03/28)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る
ジャンル:JAZZ

Brad Mehldau & Pat Metheny - Quartet


いやいやいや、お二方、遊び過ぎ
前作が出たのを雑誌で知った時
「えっ?!ブラッド・メルドー とパット・メセニーが一緒に? 豪華過ぎ、、、」と思った。
思ったけど、仕事が忙しくて忘れ去っていた
そこに新作の知らせってかタワレコにあったという、、、
内容はもう好き勝手、メセニーがフュージョン丸出し(笑)のメロウなギターを爆裂させ、
メルドーが深みのあるピアノワークでそれを包み込み、「ジャズ」としてまとめあげる。
ちょっとでも間違えばオナニー全開の最低音楽になりそうだが、
二人の絶妙な間合いが美しい音を紡ぎ出している。(間違っても前衛的ではないので要注意)
好き勝手演奏しているメセニーをなだめるメルドーのピアノはまるで母親のようだ。
今回、リズム隊が加わったことで楽曲の骨格がしっかりとしたものになり、
音楽としての楽しさがより伝わるようになった。
個人的には「ちゃんとギターを」弾いているパット・メセニーを久しぶりに聴けた気がする(笑)
ジャズの楽しさ、美しさが込められた一枚。素晴らしい!!!
と、いっても相変わらずシンセギターの乱舞、あります。
ギターの音色も遊びまくりです。なんでそんなハードロックみたいな展開?とかあります、、、
メセニーだけじゃ絶対JAZZにならないYo、、、メルドー君に感謝。
関連記事
2007/04/10 23:08 | CD | JAZZメロディテクニカルキラキラ系 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<ソスウ ミハラヤスヒロの靴が欲しい | ホーム | 許されない言葉がいつか君を壊すから>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/616-ff7a8f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。