スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


水晶の輝き
ラフマニノフ ラフマニノフ
ツィマーマン(クリスティアン) (2004/01/21)
ユニバーサルミュージック
この商品の詳細を見る
ジャンル:クラシック

ボストン交響楽団, Krystian Zimerman & 小澤征爾 - Rachmaninov: Piano Concertos Nos. 1 & 2


「ピアノが煌めく」
その透明感に心を打たれた。

ラフマニノフは有名な「鐘」すら持っていない状況なので、
(ブラックメタラーが演奏してるのは何曲か持ってるけど、「演奏」とはよべんし、、、)
「一枚くらいいるだろう」と思って買ったのですが大当りでした!

ツィマーマンの指が鍵盤の上でしなり、揺らめき、そして振り下ろされる。
時に優しく、そして時に激しく!
「音」に込められた「想い」が体を揺さぶる。
技巧的にも素晴らしいが、それ以上に自分の持てる技巧を全て
音楽に捧げているその姿勢が評価できる。
「自分の感情を素直に表現するための技巧」
普通ならばもっと味付けをして、
「ロマンチックに!」「メランコリックに!」としてしまい勝ちなところを
全て「直球勝負」で挑んでいる。
「オレはこう感じたんだ」という逃げのない姿勢は感動的ですらある。
自分に自信があり、そして何より最高の奏者でなければ成し得ない名演である。

また、小澤征爾の指揮は「主張しない主張」に徹しており、
ツィマーマンの意思を尊重したものになっている。
かといって「テキトーか?」というとそうではなく、
完全にピアノ演奏と融合した素晴らしい指揮だ。
「掛け合い」を期待すると裏切られるが、
両者の意思の一体感を感じることができれば深い感動に繋がる事だろう。
技巧的に完璧であると同時に、激しい情熱、美しさを感じられる
至高のピアノ曲の一つである。
関連記事
2007/01/20 23:21 | CD | クラシックピアノ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<ホンキドタカイ鞄求む!!! | ホーム | Chouette!!!>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/557-aeb561ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。