スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


果テ無キ欲望



商品詳細ページへ


TRIODE FUTURE2005
価格:60,666円 (税込 63,699 円) 送料別

これとT-AMPが気になって気になってしかたないです。
えっ?価格が全然違うじゃないかって?
実はT-AMPに使われているTripathのTA2024ってICは
オレの自作アンプに使われてるTA2020と兄弟みたいなもんでして、
実際、TA2020が安いけどそこそこの音で鳴ってくれているので
「気になる」ってわけです。
マニアな方々の評価も高いので、輪をかけて「気になる」。
デザインはありえないんで、手に入ったとしても
速攻で自作ケースに入れ替えますが(笑)
なんか国内では販売してなくて、輸入業者に頼まないといけないそうなので
手に入れることは無さそうですねどねー
FUTURE2005の方は10万円以下では結構評判になったアンプで、
中音域の表現力と低音のコッテリ感が非常に魅力的です。
まあメインが真空管アンプのメーカーなんで、
そういう音作りは得意中の得意なんでしょう。
T-AMPと違ってデザインもイケてますしね!
音の方向性は全然違いますけど。
(T-AMP:クッキリハッキリモニター系
(FUTURE2005:音楽性の高い豊かな音

そして、、、




CEC AMP3300R
価格:40,686円 (税込) 送料込

あーっ!マジかっこいいYo!CEC!

実際に見たのはシルバーですが、カッコよすぎ。
ガシッとした質感からくるさりげない高級感が素晴らしい。

これで壊れやすくなければ最高なんですが、過去の製品を見る限りでは、、、
まだ試聴はしてないんで、音が聴けたらまた感想書きます。
品質に問題あり(製品個体差が大きい)との判断で、CECの紹介は中止致します(09/03/21)
音質は良いですが、過去の製品と同じく壊れやす過ぎるようです。

と、今日も欲望の限りに妄想を繰り広げるのでした。
関連記事
2005/12/26 08:08 | オーディオ | アンプ試聴TA2020デザイン | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑


<<紙のコップでワインを飲むような | ホーム | 米民族万歳>>

なんすかーー?これ。
トライオードにエントリークラスが存在するんですね。その上、カチカチの音ですか・・・こりゃ、マストですね。私は下の方を(^^)
ってか、体大丈夫なんですか??
pri-bla  †  URL  [編集] 2005/12/29 17:41

心配ありがとさん。
まあ、最悪の状況は脱したんで順々に回復させてくつもり。
今日もCEC「見に行ってきた」し元気は元気よ(笑)

トライオードの方はリモコン無いみたいやけどね。
それを「操作する楽しみ」ととるか、、、v-40
KAFUKA  †  URL  [編集] 2005/12/29 18:01
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/278-40ca6bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。