スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


見る前に、飛ぶ前に、知らされてるのさ



商品詳細ページへ


ジャパン・アヴァンギャルド アングラ演劇傑作ポスター100
桑原茂夫、笹目浩之(著)
価格:4,800円 (税込 5,040 円) 送料別

この前、初めてある友人のブログを見たのだが、知的でオサレ、かつ深い内容に、
いまさらながら自分のダメダメさを感じて落胆してしまった。
なんてったって題名が「絶望都市」だし(笑)センスねぇ。
それはともかく、彼は非常にセンスのある物の見方をする人物で、
よく映像作品を紹介してくれるのだが、そのどれもが独特で、
洗練されておらず泥臭い故に思わずニヤリとさせられるものばかりである。
今回はそんな彼に是非見てもらいたい写真集の紹介。
写真集というかポスター集なのだが、凄まじいアングラ臭、サブカル臭である。
1970年代のいわゆる「小劇場運動」において活躍した、天井棧敷、状況劇場、黒テント、自由劇場。
彼らが時代を切り開く旗印として掲げていた
奇妙奇天烈摩訶不思議、エログロナンセンス密室
色、象形、言葉が詰め込まれている。
神経をさかなでするような、脳髄に直接刺激を送り込むような、
それでいて何か懐かしい日本人的なその画は、自由意志という輝きを放ち、
まるで現在を生きる我々を挑発しているようだ。
カウンターカルチャーの真髄がここにある。
横尾忠則が好きな人は必見ですぞ。



と、ちょっとオサレぶってみた、、、
関連記事
2005/12/09 07:40 | | 美術耽美 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<Jesus loves even me | ホーム | 全然シューゲイザーじゃない>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/260-2b9e2b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。