スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


コンセント抜いたり挿したり
前にお話していたコトヴェールですが、
結局「AT-NF508」に戻してしまいました。
うーん、確かにSFU-005-3Pの方が「綺麗な音」にはなるんですが、
まとまりが良過ぎて面白みがない気がしてしまうのです。躍動感が無いと言うか、、、
前に「コンプレッサーをかけたような」と言いましたけど、
まさにその通りで、アタックが丸くなり過ぎて「一歩引いた」ような演奏になってしまう。
元々自分でギター弾くときもコンプレッサー一切かけない主義なんで、コンプ嫌いなのかもねー
まあ使ってるタップが普通のタップなんでそれが悪いのかもしれませんけどね。
AT-NF508だと音がキンつくこともありますが、それ以上に音にドキドキできます。
「綺麗な音」より「迫力」をとったということになるのかも。




商品詳細ページへ


audio-technica AT-NF508 電源タップ
価格:4,800円 (税込 5,040 円) 送料別

実は「安い耳で良かったー」なんて安心してたり
関連記事
2005/12/05 03:07 | オーディオ | アンプ電源試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<ある意味芸術 | ホーム | 流れない風の赤い丘>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/251-109e67c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。