スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


視覚情報ノ不完全ト刺激


Disruptive Pattern Material
Hardy Blechman (著)

前に紹介したマハリシのデザイナーが書いた本です。
迷彩色、柄研究の集大成と言えるでしょう。
「迷彩」というのは自然に溶け込む、「一体となる」という意味で非常に重要なデザイン。
最新の視覚研究の成果から得られる戦闘服の迷彩柄。
だけど、自然から学び取り、自然と一体となろうという行為に、
現住民族が戦いの時に用いるボディペイントと同じ物を感じるのはオレだけだろうか?
(戦闘服でも逆の立場なのがナチスドイツの制服だよね)
それ以外でも、人間の視覚にとって重要な要素であるはずの「動き」をダマシて、
「静的」な空間に閉じ込めさせてしまう色、形の不思議、、、
考えれば考える程オモシロイ。




商品詳細ページへ
関連記事
2005/11/13 09:26 | | デザイン思想 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<カオティックハードコア | ホーム | 未来の未来>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/233-e81e1a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。