スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


と,思ったら
1kg,2kg,5kgの重りを持ち上げたときの筋電位をSOMで自己組織化出来た.
まあバキバキ振動しているだけなので重なってる部分もあることはある.
(特に2kgは30秒過ぎたあたりから5kgと区別できなくなった)
この調子なら音声とかもできるかもしれない.
長々取ったデータをつっこむより,ちょろっと取って分析した方がうまくいくようだ.
印象としてはパラメーターでかなり変わるなぁ...て感じですかー



2008/09/13

なんかやたら拍手が多いので,誤解の無いよう追記しときます.
この実験で使用したSOMは通常のSOMのノードに
一次遅れのフィードバック機構を追加した特殊なSOMです.
SOMで時系列データを扱えるよう苦心して作成した記憶があります.

まあ,強化学習器の状態観測用に作ったフィルターなんで
研究のメインテーマでは無かったのですが...
意外に何にでも使えて便利でしたね.興味のある人は作ってみて下さい.

学生の頃は毎日研究楽しかったなー社会人になってからは...ゲロゲロ
関連記事
2005/11/10 17:29 | 研究 | 知能モデル技術自作 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<ガーガーガー | ホーム | 巻キ付ケテナントカスルノハ日本人ノオ家芸?>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/229-4313e91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。