スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


足跡だらけの未来へ行こう
Dramatic Turn of Events
Dramatic Turn of Events
posted with amazlet at 11.12.21
Dream Theater
Roadrunner Records (2011-09-13)
売り上げランキング: 1579


今更ながら、聴いてみてとても興奮したので感想を書いてみます。

とりあえず素晴らしいです!

ドリームシアターはMetropolisは当然ながら、沢山の名作がありますが
このアルバムは今後のドリームシアターの代表作と言われる物になるのでしょう。

バラード、、、メタル、、、ロックチューンそれらが
渾然一体となって一つの作品を作り上げています。
いやはや「音の彫刻」とは誰と言ったのでしょうか?
美しく、激しく、悲しく、優しい音がそこにはあります。

一曲目のOn The Backs Of AngelsはTrain Of Thought時の
作風を思わせるようなヘヴィなリフで幕を開けるのですが、
それに続くシンセの軽快な音色とリリカルな音使いで
すぐに単なるヘヴィ路線では無いということが分かります。
これまでのドリームシアターが経験した色々な音、構成
それらが万華鏡のように変化しながら現れ
それでいて破綻どころかこれまでにない輝きを見せていると思います!
個人的にはもうこの一曲目で虜になってしまいました(笑)

続く二曲のイントロもモダンヘヴィー寄りのリフからの
Within Temptation的な展開という耳に心地良い、、、
この調子だと全曲ウダウダと書いてしまいそうなので、この辺で感想終了。

どの曲もとてもバランスが良くスーッと聴く事が出来ますね。
それでいて聞き込んでいくとまた発見があるという素敵な作品!





てかBreaking All Illusionsのイントロが好き過ぎて!
久々に来日されるそうなのでライブを正座して待ってようと思いまっすー
関連記事
2011/12/22 00:05 | CD | プログレメタルメロディ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<どうやって1時間という時を空けてCD聞けてていたのか思いだしたい | ホーム | Vampillia + Nadjaのライブ行ってきた>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/1268-5d439f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。