スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


目を覆うは人の群れ、耳を覆うは音の群れ
珍しくヘッドホンを買いました。
家にスピーカーあるので、外では音質は無視して
bluetooth接続のヘッドホンをずっと使ってたのですが、
ICチップ内で断線したらしくウンともスンとも言わなくなってしまったので、、、

t50p_110626.jpg




  beyerdynamic T50p

で、買ったのがコレ
一部ではクラシック専用とかいう評価みたいですが、
聴いた感じでは解像度が高い事以外は特にクラシック特化でも無いと思いますよ?
(個人的にはB&WのP5の方がクラシック特化してる気がする)

このヘッドホンで気に入った点は値段の割に各楽器の分離が良く、
モニター的に演奏が手に取るように分かるところでした。
密閉型なのに開放型の描写の部分があると言えるかもしれません。
(ただし、開放感のある音ではありません。しいて言えばライブハウスの音ですね。)
本当はsennheiser HD595の音が欲しいのですが、
あのダダ漏れヘッドホンはお外では使えんので、、、

一度ベーシストの人に聴いてもらいたい音です!
この価格でベースの音がしっかり「楽器」として鳴ってるというのがとても気に入りました。

個人的にオーディオ機器を聴く時は「ベースを雰囲気ではなく楽器として鳴らせているか」と
「ハイハットの音が均一に聴こえ過ぎないか」という二点に注意して聴くのですが、
その二点に関してはこのヘッドホンはかなり良い成績。
特にハイハットの音は振動中に叩いて更に振動を加えるため
毎回ちょっとずつ音色が変わります、
その感じが出せているかという点では同価格帯では間違いなく一歩出てると思います。

ただ、全てのヘッドホンに言える事ですが、
しっかりと耳に密着させるように調節しないとカスカスのゴミ音質でした。
調節さえすれば音質自体は良く、
この価格帯の基準としてもいいのではないかと思ったくらいです。

今回はeイヤホンさんで色々と試聴させてもらったのですが
やっぱりイヤホンは大体半額のヘッドホンと同程度の音質だと感じましたね~
イヤホンも色々音質改善の技術革新がされてるのですが、
それ以上にやはり物理的な振動板の大きさと、
ヘッドホン側の技術革新に勝てない部分が大きいのでしょう。

どーでもいいことですが、オルトフォンのイヤフォンってAKGの音にそっくりな気がする、、、

以上


2011/8/3追記

師匠に聞かせてみたのですが、やはり自分と同じ感想でした。
かなり装着位置にシビアでちょっとでもズレると1000円ヘッドホン並みの音質になります、、、
豊かな低音が聞こえてない場合は間違いなく位置調節すべきですね。
参考までに自分の場合は調節用の穴が残り2つ(左右共)で丁度良いです。
関連記事
2011/06/26 21:59 | オーディオ | ヘッドホン試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<久々に大きめのライブ行った | ホーム | 部屋にギターが増えてた!>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/1259-28d3563c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。