スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


自律学習型ラジコン(の続き)
前回、ヘタレた動きを見せていた自律学習ロボットがそこそこ動いているので
動画をアップしておきます。

正直、一番問題だったのはカーペットの上を走ると摩擦が大き過ぎて電池がすぐ無くなる。
=学習が進まないってとこだったので、

作ってやりましたよ!アンビリカルケーブルを!
(※注:ただの電源ケーブルです!(笑))

umbilical_cable01.jpg
umbilical_cable02.jpg

これで電源のことは気にせず学習できるようになりました。
というか、やっと収束するとこまでいった(笑)



こんな感じで走り回っております。
まあ後ろは全く見えてない(近接センサが前にしかついてない)ので、
ご愛嬌な部分はありますがそれでも学習の結果、
前回よりは良い動きをしてくれてるんじゃないでしょうか。
事前の知識無しでも障害物はほぼ認識できている模様。

今後はセンサの数を増やしてみるか、
二足歩行ロボットに搭載して歩行を自己学習できるか、、、
どちらにせよArduinoでは限界が近いかもです。

Arduino Duemilanove 328
Arduino Duemilanove 328
posted with amazlet at 10.03.29
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 26886
おすすめ度の平均: 5.0
5 ハードが苦手でも自分好みの機械を作れます!
5 手軽に組込システムを始められる。あとはあなたの創造力次第。
関連記事
2010/03/29 02:28 | ロボット | 自作制御Arduino知能モデル | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑


<<iMac 27インチの勇姿 | ホーム | セトゥーチェア>>

プログラムできないカルネージハード

元気に動きすぎだろwwww
shimotuki  †  URL  [編集] 2010/03/30 01:08

数ヶ月後に

人間に襲いかかる予定ですw(嘘)
N.d  †  URL  [編集] 2010/03/30 01:16
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/1203-a0fdcc1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。