スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


Metal meet JAZZ????
センス・オブ・アージェンシー
デヴィッド・パストリアス&ローカル518
Pヴァイン・レコード (2009-08-05)
売り上げランキング: 16540


どっからどう聞いても「プログレッシブメタル」にしか聴こえないのに
「ジャズ」だと言い張る一枚。フィンガーベースがブリブリと踊りまくる上を
オルガン、ギター、パーカッション等が駆け抜けていきます。
特にギターが何故かエッジの立ちまくりな歪みを多用して、
ブリッジミュートでガガガガガガガガガガガガと、攻め立てるのが大好きらしく(笑)
曲に突進力を追加しています。(ジャズに突進力が必要かどうかは置いといて、、、)
それどころか、4曲目等は「ヴィジュアル系?!」とさえ思えるようなメロディを
スティールパンで演奏しており、非常に明快でカッコイイ曲に仕上がっていますね。

8曲目とか後半ド変態したりするけど、
やっぱ9曲目でメタルに戻るあたりがわかってらっしゃる(?)
デヴィッドのベースは只管スラップ!テクニック!なのだが、
抑えるとこは抑えているためイヤミにならず、綺麗なバッキングになっている。
まあ、言ってしまえば始終こんな感じ↓です(笑)



流石、ジャコ・パストリアスの甥は随分面白い感性の持ち主のようです。
関連記事
2009/08/12 23:55 | CD | JAZZメタルテクニカルプログレッシブメロディ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<モニターオーディオのネットワークプレイヤー? | ホーム | 世界がもし100人の博士だったら>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/1171-5fe931b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。