スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


辞は達するのみ。
kokuritukkusai_20090531.jpg

杉本博司の「歴史の歴史」展へ行ってきました。

今回の展示は「彼の作品=彼の人間そのもの」
という趣旨なのか、作品以外の彼の所蔵コレクション(これがまた国宝級の凄いレベル!)
が大半となっていました。
が、普段見られない芸術家の裏側を見るのには最適な展示ではないでしょうか?
とにかくクロスオーバー具合が宗教~科学~文化全てに渡っており半端ねぇ!

そのコレクションの中の一つにプリンキピアがあり改めて読んでみたのですが、
ニュートンはやはり天才だと痛感しましたね。
よくこれだけ美しく、そして明瞭かつ単純な式で世界を表せるもんです。
複雑怪奇な世界の向こう側にあるミニマルな美がハッキリと見えているんでしょう。
技術者のハシクレとして、尊敬とも羨望とも、崇拝ともつかない不思議な感情になる。

また、杉本氏自身の作品である放電場の写真においては、
空気中の電子が放電現象の周りを泳ぐ様が写されており、
非常に有機的で、あたかも世界の内臓を写したかのよう。
この空間こそが世界そのものであり、そこを目には見えぬあらゆる物が満たしている。
それが空間に均一でない所にも「世界」を感じる。
「世界」が「ノイズ」として瞬間的に焼き付いたように感じる。

普段目に見えないものが見えた時、そこに世界が、それが世界だとわかる瞬間が楽しい。

メキシカンハット関数の立体化には人工知能の観点からもニヤニヤさせられるし、
(シナプスの動作、及び脳の刺激伝搬に深く関わってる関数だと思っています)
芸術作品の裏側にある桁違いの深さを見せつけられるような展覧会でした。
写真という「技術」と人間の「思想」が混ざり合い「芸術」が生まれる現場の展示です。
これは行って良かった!

どうやら来週日曜までのようですので興味のある方は是非一度足を運んでみては?

関連記事
2009/06/01 00:12 | art | 写真美術思想技術 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<白黒避けたつもりが、やっぱ白黒ばかり買っていたでござるの巻 | ホーム | 過ちて改めざる、是を過ちと謂う>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/1138-09309703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。