スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


CECの品質が酷過ぎる話
以前「安くて音が良いアンプ」として紹介したCECのアンプ。
結局後輩が購入して使用していたのですが、

品質が絶望的に糞+会社の対応も最低

だったので、注意が必要ということを書かせて頂きます。
具体的には

1:壊れやすい上にサポートが貧弱
2:取り替えて送られてきた新品が既に壊れているぐらい品質が悪い
3:小売り業者がCECを毛嫌いするくらい会社の対応がダメ

後輩は3回取り替えてもらって、やっとマトモなのが送られてきたそうです、、、
(それもオーディオショップで入念にチェックしてもらって、やっとOKになったらしい)
昔からCECのアンプは壊れやすいので有名でしたが、
いまだに改善されていないようで、壊れたとの報告を度々聞きます。
過去に「オススメ」とか言っておきながら、このざまです。すんません、、、

というわけで「安くて音が良いアンプ」代表はコイツになりました。



 NU FORCE icon

この小ささ、この価格で端正な音を響かせてくれる驚きのアンプです!
(音質はオレも使ってるTA2020の自作アンプに近い)
USB端子も付いているため、パソコンを中核とした高品位なオーディオセットを
簡単に作り上げれちゃいます。
そして、、、なんてったってデザインがカッコイイ!
これにつきるわ、、、(CECも見た目はカッコイイのにね)
大型のスピーカーを駆動するには非力ですが、普通のリビングで楽しむには十分。
唯一の弱点はリモコンが無いことくらい?それくらい優秀なアンプですね。
(Macでは一応iTunes側で音量操作することはできますが)

あーCECも品質さえ安定してれば、、、(死)
関連記事
2009/03/21 21:53 | オーディオ | デジタルアンプ試聴デザイン安価 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<責任者不在の時代 | ホーム | WBC優勝で嬉し過ぎて>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/1117-674eca36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。