スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


オレはド○えもんじゃねー
doutonbori_090110.jpg

ある日、別の部署から「新製品にセンサ使いたいけど、よくわからんから教えてくれ」って
電話が急にかかって来た。しかもオレ名指しで。
ムチャ言い過ぎ、、、オレはソフトウェア専門だってのに、、、
しかも、上司が会議で居なくて、オレの仕事が一段落した瞬間を狙って
かけて来たとしか思えないタイミングの良さ(死)
まあ、その件に関してはギリギリ知識があったので自分一人でなんとかしましたけどね。
最近、やたらと無茶な質問されることが増えた気がします。
「個人の多能力化」でこの不況を乗り切る作戦か?
ただ会社内で「誰が何の能力を持ってるかの情報」が欠損してるだけか?
それとも、単なるオレへの嫌がらせか、、、
とりあえず、一言だけ言いたい、オレはド○えもんじゃネーヨ!!!!

After All
After All
posted with amazlet at 09.01.06
aus Sylvain Chauveau Lindsay Anderson
flau (2008-12-17)
売り上げランキング: 5296


さて、今回も前置き全く関係無い曲紹介。
ausクンの新作は前作からの流れか、歌を意識しまくった作り
しかし、今までのキラキラはどこへやら。
何故か非常に影のある耽美な印象の楽曲が並びます。
ビート感はほとんど無いですが、アンビエント的なふわっとした空気が心地よく、
相変わらずCokiyuの歌声は新居昭乃っぽい囁き声で、非常に魅力的。
遠い過去の傷がフラッシュバックするような薄暗い印象の曲が多く、
一人静かに心休めたい時等に聴くと非常に落ち着く。
音楽に夜明けのひんやりとした美しさを欲する人は是非聴いてみて下さい。

曲自体は10代の頃に作ったのを再編集しただけだそうです。大したものですねー
関連記事
2009/01/10 22:10 | CD | エレクトロニカメロディ耽美写真 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑


<<「美」たる所以 | ホーム | うちのじいさんが未来創造堂に出てたらしい>>

たしかに、「えもん」はつきませんね!v-109
SUKE  †  URL  [編集] 2009/01/21 09:33

そっちかい!!!(笑)
そして、秘かにDVDの宣伝をしろと脅迫しているな?!
スケQ老師にまかせなさいv-40
いつになるかわからんけど、、、
N.d  †  URL  [編集] 2009/01/21 19:25
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/1099-1d8e8e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。