スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


買いに行った物と買って帰った物が違うでござるの巻
まあ、いつものことですが。

前からギターで遊ぶ用の機材が欲しいなーと思っていて、
JamVOXってのが手軽そうで面白そうだなーと思って買いに行ったんだけど、
気がついたらGuitar Rigを買って帰っていました、、、

grig_sessionio.jpg

以下、JamVOXの悪口
1:まず、JamVOXはスピーカーの音が悪過ぎる。
  全くアンプやスピーカーを持ってない人で、
  どうしても小音量しか出せない人限定な音質。
  モニタースピーカーや、ミニコンポがある人はそれを繋がないと耐えられないでしょう。

2:次にエフェクターの効きが良く無い。
  確かにエフェクターは数がありますし、
  それぞれのエフェクターの特徴もそこそこ描き分けられてる気はします。
  しかし、ツマミを回してもどーもレスポンスが良く無い!
  「元の音」があってそこから線形な値を適当にシミュレートしただけの音の様な、、、
  要は「一昔前のアンプシミュレータの音」って感じなんです。
  使えるポイントは基本一カ所のみで、後はエフェクトの切り替えで遊んでねーって感じ。
  うーん、練習用には十分ですが、、、ちょっと物足りないよね。

3:そして最悪だったのが他のアプリとの連携!
  オレの場合、練習でちょろちょろ弾いてる最中にピーンと来て録音開始するんだけど、
  GarageBandですらマトモに録音できない
  元々プラグインタイプでは無いので、そこはあきらめて、
  いわゆる「掛け録り」をしようと思ったんだけど、
  潰れた音になっちゃってまともな音で録音できませんでした。
  入力レベルもなんだか極端に低いし、、、
  (設定をちゃんとすれば出来るのかもしれませんが、
   楽器屋で店員さんがやってくれた分には「使えない」)





オレの感想としてはGXT(ギターキャンセラー機能)が欲しい人以外は
買ってはいけないモノな感じがしました。
(逆に言えばギターキャンセル機能は優秀でした)

で、迷ったあげくGuitar Rigを買って来た。
使い道に困ったら小型のUSBオーディオインターフェースとしても使えるしね!
音が良い。ホント音が良いです!かなり使える音に仕上がってますねー
イメージ通りに音が変わってくれるのでエフェクトをイジイジしても楽しめる。

081122_grig.jpg

つーか、オレ、やっぱすっごいフェンダーアンプが好きなんだわ。
改めて気がついた(笑)

しかし、CPU使用率20%くらいでもプチプチいう時がある。ダメじゃん?なんだこれ?
どうやらUSBポートの電源の問題らしい、、、こんなことならバスパワーにすんなYo!
電源をバッテリにしたら治ったけどそれが最大の問題、、、

(なんか治った?結局原因がよくわからん、、、)
それにUSBの接続時にOutputからポップノイズが盛大に出るし、、、
うーん遊び用だからいいかと思ったけど、
実は既にかなり気に入ってしまって本気で使う事を考え始めてるんだよね。
そうすると、細かい事まで気になってしまうんだよなー
しかし、なんでフットペダルを単体で売ってくれないんだ!
ライブで使いたくなったらまた買わないといけないじゃないか、、、(死)
(マニュアル読んだ感じMIDIペダルが使えるっぽい?しっかし、酷ぇマニュアル)




Native Instruments Guitar Rig

最終的にはコレ買うのが正解なんやな、、、
関連記事
2008/11/22 19:29 | DTM | GuitarRigアンプギターシミュレータ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


<<メロディックシンフォブラ=高確率でヴァイキン臭な件 | ホーム | 三軍も帥を奪うべきなり。匹夫も志を奪うべからざるなり。>>
コメントの投稿












[管理人のみ閲覧可]

トラックバック
トラックバックURL
http://kafuka.blog12.fc2.com/tb.php/1083-d1c2c4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。