スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


フルデジタルアンプは蜜の味
予告通り共立電子さんのフルデジタルアンプキット「D_5709kit」を購入いたしました。

FDA01.jpg

とはいえ、社畜の身であるが故、忙しくて全く手を付けられず日数だけが経過、、、
しかし、それでは音が聴けぬ!結局「えーい、ままよ!」と気合いで開けた(今日)

FDA02.jpg

中身はこんな感じ。
思ったより基板が小さい、TA2020用の基板の1.5倍程度といったとこでしょうか。
「フルデジタル」というだけあって入力はコアキシャルかオプティカルかしかありません。

このキットに使われているTI社のTAS5709というチップはデジタルアンプながら
フィードフォアードではなくフィードバック制御を備えているということなので、
一般的なデジタルアンプの音と違うのではないかと期待。

FDA03.jpg

いきなり箱に入れるのは流石に時間がなかったので借り組みで音出し。
借り組みもなにもほとんど完成品が入ってるのでチョイチョイとハンダしてやっただけ。

さぁて!オレが手塩にかけて育てたTA2020チャンとどれぐらい張り合えるのか?!

部屋の隅で腐りかけてた大昔のSONY製光デジタルケーブルをiMacに接続して、
さっそくON &





~結果~

ええ、、、素晴らしい透明度でD_5709kitがブッチギって行きました、、、
いやはや、TA2020も素晴らしい音でしたが、
お恥ずかしながらGS10の真の性能を出し切れてはいなかったようです、、、

まず、明らかに変わったのが深く身体に染み込む低音。
これまでTA2020では出せていなかった音がしっかりと出ています。

高音部の伸びに関してはそれほど違いは感じませんでしたが、
比較してみるとTA2020の方が粒子が粗く感じます。
今までTA2020をデジタル臭いと感じた事はありませんでしたが、
D_5709kitと比較すると明らかに「デジタル臭い」音でした、、、
それほどにD_5709kitは滑らかで質感ある音だということです。

立体感はさほど違わないようですが、
質感ある豊かな音のおかげでD_5709kitの方がリアルに聴こえますね。
音が透明なのに濃い、、、まるで高級真空管アンプの音です、、、

シンバルとハイハットが気持ちイイ~~~
音がスピーカーの外側へと広がっていきます。
今までライブハウスだったのがコンサートホールになったような爽快感!

レスポンスの早い電子系の音も得意なようでSummer Of Spaceなんか聴いてると
打ち込み系のビートと艶かしい歌声が折り重なって最高ですね。
とか書いてる間にエージングが進んだのかさらに良い音が出始めました、、、

今までいくつも「フルデジタルアンプ」を名乗る市販アンプを聴いてきましたが、
単純に「音の鮮度」という観点で言うとこのD_5709kitは100万クラスに近い音に感じます。
この音で12,600円+電源3000円程度は反則でしょう!
(ちなみにTA2020は特にこだわらずに組んでも10万クラスの音は出せます)
カッコヨイ箱を作って入れてあげなければ!

15 Wild Decembers
15 Wild Decembers
posted with amazlet at 11.03.02
Geoff Smith
Sony (1995-06-27)
売り上げランキング: 168050


今日はGeoff Smithでグッスリ寝れそうです!

スポンサーサイト
2011/03/03 00:44 | オーディオ | 自作アンプ試聴TA2020D_5709kit | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑


今日もTA2020チャンはよく働いてくれteます
新型オペアンプ

ちょっと気になるなコレ(笑)
アンプばっか作ってるどうすんだよ、と思いつつもまた考えてしまう
もうそろそろちゃんとしたアンプ買うべきかなぁ(と言い始めて3年目)

gs10_090527.jpg




Dayton DTA-1

TA2024ってのもデータシート見る限りは良さそうだし気になるなぁ~(アホ)
2009/05/28 23:57 | オーディオ | 自作アンプTA2020写真 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑


スイッチング電源とコトヴェール
TA2020自作アンプに合う電源はどれか?
トランス、スチッチング等色々試しまくった結果、
結局、スイッチング+SFU-005-3Pという状態で落ち着いています。
スイッチング電源をそのまま使うと、迫力はあるのですが、雑味があり
ちょっといただけない音です。
逆にトランス電源だときめ細やかな音が出るのですが迫力が薄く、
メタル等を聴くには面白みが足りません。
(ノイズ対策してないスイッチングを使うくらいならトランスにすべきですが)

オレが欲しいのは「情報量が多く、きめ細やかで、迫力タップリの音」だっつーの




ノイズ・雷サージプロテクタ【SFU-005-3P】

というわけでこやつの出番。スイッチング電源と組み合わせるわけ。
内部に大型のチョークコイルが入ってるので
トランスとスイッチングの良いとこ取りって感じですか。
前にも言いましたが、えらい変わります。
情報量がグッと多くなり、音の角がとれてまろやかになります。
TA2020に限らず。デジタルアンプは電源の影響が絶大なので、
「なんか音が騒がしくて落ち着かないな~」なんて人は
こういったノイズ除去系アクセサリを一度試されることをオススメしますね!
2008/04/12 01:52 | オーディオ | デジタルアンプ電源自作TA2020 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


ダダスの「ア゛ァー!!!(死)」が懐かしい
前回の、iTunesオーディオセンター化計画敗北をうけ、
緊急対策会議(脳内)がおこなわれた(ポクポクポクポク)
そしてその結果、、、「やっぱ自作じゃね?!」(チーン)

USB-DAC.jpg


デジットでUSB-DACの基板を調達。
DAC部はバーブラウン製だし間違いねぇ、、、
カッコイイケースに入れてやらねば!

と、思っていた、が、しかし、

そんな夢見がちなオレの行く手にnuforceからICONなるものがっ!!!

http://www.nuforce.com/Product-desktop.htm

USB-DAC、アンプ内蔵、ヘッドホンジャック付き
なんじゃそのステキ構成、、、お値段も$249とお手頃、、、
シンプルイズベストなオレにとっては、非常に魅力的です!
「漢」なデザインのオーディオ機器が多い中、デザインもPOPで良いと思います。
う~ん、、、

TA2020_NOW.jpg


がんばれ!オレのTA2020チャン~負けるな~
<<続きを読む>>
2008/03/08 23:58 | オーディオ | 自作DACTA2020デジタルアンプ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


トイレ大爆発
今日も残業、、、「トイレでも行くか、もちろんだ!」
とばかりに個室に直行、トイレライフを楽しむオレの耳に
聞き慣れぬ「パキ」とかいう音が、、、

あぁあああああ!!!!

突然配管がブチ壊れて水大噴射、トレビの泉状態に!!!!
ええ、まあ、なんでこんな目に遭うんですかね?真面目に働いてるのに、、、

AUDYN-CAP.jpg

AUDYN-CAP 2.2uF

オレのTA2020チャン、今現在のコンデンサ(入力カップリング)です。
実はもう1月前に交換してたんだけどね。
solenより情報量が多いにもかかわらず、ギスギスした感じの無い滑らかな音が特徴。
非常に気に入りました!機器の事を忘れて音楽に没頭できる音ですね。
2007/12/06 23:03 | オーディオ | 自作アンプTA2020コンデンサ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


| ホーム | 前ページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。