スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


GS10とPL100比較
比較するつもりなんか無かったんですけど、匿名で「比較して~」ってきてたので、、、

同じモニターオーディオの製品ですから、方向性としては似たような作りになっています。
ただ、実際に聴いてみると圧倒的な性能差がありますね、こりゃ。

1:情報量
段違いでPL100の勝ちです。冷徹なまでの情報量。
指クセとかフレーズの繋ぎのごまかしとか全部丸わかりになります。
「ゆったりとBGMとして鳴らす」なんて使い方は絶対出来ません。
(まあ、GS10ですらそういう使い方はできませんが、、、)

2:空間表現
これも基本的にはPL100が勝っています。
「基本的には」とつけたのは、PL100は余りにストレートに音を出すため、
録音によってはペッチャンコの音と立体感のある音が共存してしまい、
空間表現がメチャメチャになるためです。高性能ゆえの問題(?)でしょうか。
「古い録音を巧く鳴らす」とか、いわゆる再生芸術的なことには一切向きません。
録音されたものがそのまま出てきます。

3:音質(音色)
GS10とPL100で最も違いの出た部分です。
雰囲気的なものは追いかけずストイックにHiFiを目指した点では同じだと言えるでしょう。
ただ、GS10では音に煌びやかさが乗るのに対して、
PL100はそういった付帯音がまるでない!いや~リボンツィータのおかげでしょうね~
リボンを使いながら、まるでフルレンジのような滑らかな繋がりというのも特筆点です。
ウーファーとリボンの繋がりが悪過ぎて、音が低音と高音で分離しちゃってる
スピーカーも多いですから、これは素晴らしいことです!




     Monitor Audio PL100

てか、比較してるうちにオレがプラチナムを欲しくなってしまいました(笑)
こないだの購入検討リストにPL100を追加です。
信じられないくらい懐の深いスピーカーのようですよ!コイツは!
(ただし、セッティングや機器の性質がモロに出ますので初心者厳禁だと思います)





Monitor Audio GS10

一言で言うなら「GS10は綺麗な音、PL100は真実の音」という感じですかね。
GSの「カ~ン」と響く高音が気に入ってる人はPL100を味気無いと思うかもしれません。
(それ以上に、PL100の情報量に驚くでしょうけど)


gs10kizu.jpg

どうでもいいけど「オカン 襲来」後のGS10、ニスで補修。
右上の方に跡がありますね(泣)

usb-dac_digital-amp.jpg

自作アンプとUSB-DACは机の上に移動。(オカンのせいでアンプの右端が欠けた、、、)
しばらくはこの構成でいきます。
(いつになったらちゃんとしたアンプを買うのやら、、、)
スポンサーサイト
2008/06/01 18:14 | オーディオ | スピーカーGS10PL100試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


モニターオーディオのまとめ
いつのまにかモニターオーディオのブックシェルフタイプの
スピーカーについて全種類を聴いていたので、
とりあえず安いのから高いのまで感想をまとめておきます。




MONITOR AUDIO BRONZE BR1

※注:旧型についてのレビューです。新型BXについてはこちらでレビューしてます。
まずはブロンズ、このスピーカーに関してはそんなに良いとは思わない。
値段相応といったところだろうか?
GS、RSと音の系統が違い「ちょっと華やかにして聴きやすくしよう」という方向です。
まあ、素性が良いのでどんな音楽を聴いても楽しめるとは思いますが、
「感動するか?」と聞かれると「それほどでもない」と答えてしまう。




Victor SX-L33MK2

個人的な意見としては、こちらに軍配を上げさせていただく。
とにかく低音が欲しいって人には「なんだこの迫力無いスピーカー」
ってなるだろうけど、弦楽器や女性ボーカルに「ハッ」とさせられる瞬間がある。
後、意外とセッティングに応えてくれる真面目なスピーカー







MONITOR AUDIO BRONZE BR2

BR1よりは「ちょっと」いい。
低音もまあまあ出てるし、中音域の元気の良さもアリだと思う。
この「作った感じの音」が気に入るかどうかで決まると思う。
(とはいえ、同価格帯の他のスピーカーの方が音を改変してるもの多いですけどね)
BR1、BR2共に音のレンジが狭く、透き通るような高音の再生には向いていない、
しかし、うまくバランスをとって聴かせる音にしてると思う。







MONITOR AUDIO SILVER RS1

※注:旧型についてのレビューです。新型RXについてはこちらでレビューしてます。
さて、やはりこのRS1からが「モニターオーディオらしい音」ということになると思う。
同じ価格でこれほどの解像度、情報量があるスピーカーは無いだろう。
(10万近いものならば匹敵するものはありますが)
結構、こだわらずにポンと置いただけでも良い音で鳴るし、
スタンドとかセッティングをつめてやれば、ずいぶんと変化してくれる。
女性ボーカルや、小奇麗なJAZZは得意中の得意だし、
意外にハードな曲も各楽器の演奏をしっかりと聴かせてくれます。
かなり優等生的に緻密な音を描くので、迫力重視の人は向かないと思いますが、
現状、もし、このRS1を聴いて「オッ?!」と思ってしまったら、
これかGSを買うしか無いと思います(笑)
ただ、モニターオーディオのスピーカー全般に言えることですが、
空間表現、奥行きの表現はあまり得意ではありません。
そこらへんはセッティングでカバーです、、、







MONITOR AUDIO Gold GS10

ここからは別格の音になってくる。
値段が高いのだから当然だが、RS1の音で感心していたオレは
第一印象で度肝を抜かれて、その場で即「買います、、、」と告げていた(笑)
出てくる音にストレスが無く、フワッと耳に届く、
それなのにベースが、ギターが、バスドラが目の前に迫り来る。
「無理矢理」とか「押し付けがましい」というような言葉は無く、
そこにあるようにある。という一瞬魔法にかけられたような体験だった。
ただし、やはりセッティングにかなり気を使いますので要注意です。
(RS1と比較するとずっと空間表現能力は上ですが、B&Wと比較すると下になります)







MONITOR AUDIO PLATINUM PL100

「なんかもう凄いとこまできちゃったなぁ」という印象。
良いとか悪いとか、もう判別つかないです。
超低音から超高音まで「出て当然」とでも言うかのように、
全く澱み無く音が出てくる。
「今まで聴いていたスピーカーの音は何だったのだ?」というくらいの透明さ。
音楽を楽しむ装置としてどうなの?と疑念を抱く程凄い音。
しかし、セッティングや、機器、ルームアコースティックの影響をモロに受けますので、
「これを買えば凄い音が出る」というものではありません。
メチャメチャ上級者用スピーカーだと思います。
ちなみにオレもセッティングする自信ありません、、、
(GS10でも四苦八苦してるのに)

以上、、、あ、、、なんか忘れてた?




MONITOR AUDIO Radius 90(1本)
価格:20,979円 (税込) 送料込

どーしても省スペースで我慢したい(?)人向け。
出た当時は素晴らしかったんだけどね、、、
今はコイツがいますから!

マイクロミュージックモニター

Radius90の音自体はRS、GS系ですね。その点は評価できます。
<<続きを読む>>
2007/11/24 00:26 | オーディオ | スピーカーGS10RS1BR2PL100試聴 | コメント(5) | Trackback(0) | pagetop↑


独走状態



   Monitor Audio PL300

前に酷評したPlatinum(プラチナム)ですが、ちゃんとした環境で聴く機会があったのでレヴュー

とりあえずオーケストラを聴いて周波数特性をみようと思ったんだけど、
音が出た瞬間にビックリした。
音のどこにも澱みが無く、低音から高音まで「あるがまま」に鳴る。
実在が無く、音だけがスゥッと出てくる。
あまりに音の鮮度が高く、そしてスピーカーのキャラクターがほとんど無いため、
あらゆる要素の影響をうける、、、
つまりは部屋の影響をモロに受けるということなんです。
このスピーカーの本当の音を聴くには、相当なオーディオルームが必要です。

俺が心配するのも変だがこんな物を売って商売になるのか?
セッティングが難しすぎるのでは?!
アンプ、プレイヤー、ケーブルによって音がコロコロ変わるし、
スピーカーのキャラクターも無いから「これが正解」という鳴らし方さえ無い、、、

うーん、凄いスピーカーなのはわかるけど。
ちょっと俺では修行不足で対応できないな、、、
結局今回も「音は綺麗だけど、実在の無いペッタンコの音」
という部分の印象は前回と同じだったし、
実在が無いって言うか、情報量が多すぎて各楽器で
立体感が違いすぎてしまうことが問題なのかもしれませんが、、、




     Monitor Audio PL100

低音以外は完全に同じ音。
GS10とGS60はちょっと違う感じだったので、
ブックシェルフとトールボーイでこれだけニュアンスを
合わせられていることにもビックリ。

いやーホントにビックリした。久しぶりに聴いた事が無い種類の音を聴いた。
元はこの音をハイエンドオーディオショウの時に見抜いてたんだなぁ。
あんた偉いよ。
2007/11/23 18:58 | オーディオ | スピーカーPL300PL100試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。