スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


生命に「音」を宿す
タイ・レイ・タイ・リオ<文庫本付き>
高木正勝
Epiphany Works (2009-06-17)
売り上げランキング: 823


非常にハマっております。

「音楽が生まれる瞬間とはどのようなものだったのか?」という問いかけに対する
一つの回答として提示された「Tai Rei Tei Rioコンサート」。
そのコンサートにおいて録音された音源をテクスチャとして、
万華鏡のように混ざり合う感情のうねりを再構成したものが本作。

ピアノ、ヴァイオリン、コーラス、パーカッション、
そのどれもがリズミカルに、そしてメロディアスに、そしてハードに絡み合い
「音」が一つの感覚を紡いでいく。
聴きやすく、それでいて心にズブズブと入ってくる。
懐かしいような安心出来るような、しかし、抗えない巨大な「なにか」。
そこには絶えず自然的宇宙的なコンテクストが存在しているようだ。

7曲目「Tidal」等はausの「Hero of The Paper Boy」と非常に構成が似ているが、
「Waltz」がミクロな世界観での「誕生」。
そう、精子と卵子が結合し、猛烈な勢いで細胞分裂が始まる「生命誕生」の瞬間を
描いているように思えるのに対して、
この「Tidal」は星々が集積し、銀河を、超銀河団を「誕生」させていく様を
事象の地平の外側から眺めるような、マクロな「神の視点」を感じざるを得ない。

世界中の神話や民話を集録した文庫本も素晴らしい。
しばらくはコレとWOLVES IN THE THRONE ROOMを交互に聴く生活が続きそう、、、

スポンサーサイト
2009/06/25 00:42 | CD | アンビエント荘厳ピアノ現代音楽耽美魔術・伝承 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


画像はエヴァっぽいもの
tettou.jpg

ダン!ダン!ダン!
ズダダズダダズダ!
ダン!ダン!ダン!
ズダダズダダズダ!(トゥットゥルトゥットゥルル~ル~ル~)
チャーラーラララーララッタッター(以下略)

澁澤龍彦幻想美術館
澁澤龍彦幻想美術館
posted with amazlet at 08.09.15
巖谷 國士
平凡社
売り上げランキング: 185794
おすすめ度の平均: 5.0
5 澁澤龍彦を丸ごと理解する!
5 包括的な澁澤龍彦像!


西洋美術を主軸ではなく裏側、闇やエロスから見続けた日本人。
澁澤龍彦の生涯が詰まった一冊。
澁澤龍彦自身に興味がある人は読んで見て下さい、
インスピレーションの源流に触れる事が出来ます。

魔術的芸術
魔術的芸術
posted with amazlet at 08.09.21
アンドレ ブルトン
河出書房新社
売り上げランキング: 56905
おすすめ度の平均: 4.0
4 幻惑されそうな良書
4 精神の資料集


大好きで暇があったらペラペラとめくって見ている一冊。
「裏側から見る西洋美術史」としては、こちらの方がまとまってるし図版も奇麗だと思う。
特に有史以前の芸術に多くの頁を割いている事は、非常に価値が高い。
芸術の持つ魔術的側面に魅力を感じる人は是非に読んでほしい。

ただ「日本人から見た裏西洋美術」という観点からいくと、
圧倒的に澁澤龍彦が光り輝いている。
一見ゴミかと思われるようなシンボリックな造形の中に潜む人間の精神を暴く、、、
そういう冷静な観点から全体を捉えられたのも、
リアルな西洋社会から一歩身を引いた日本人ならではだったのかもしれない。
2008/09/21 17:29 | | 写真美術魔術・伝承思想耽美 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


人々ハ苦シミトイフ名ノ灰ヲ手ニシタ
師匠に追従するためにも、そろそろアイウェアを新調しようかと思ってるんですよ。
で、ちょろちょろと探しておったのですが、
現在、2007年のSilmo d'OrにノミネートされたJ.F.REYの作品に心惹かれております。
このエイジド加工というか、顔に着ける物なのに
錆びきった金属を髣髴とさせる加工がたまりません!
スタイル自体はシャープですが、内包するドロドロとした毒気を感じさせます。カッコイイ!
でも、さすがに会社には着けていけないなぁ、、、(死)
会社に着けていくことを考えるとDressCodeがいいかな?

おかしいなぁ、最初はKENZO MINAMIのメカメカしいデザインが気になって見てたのに、
いつのまにアイウェアに、、、しかもJ.F.REYにすりかわっていたのか不明。
ま、いっか、気に入ったもの見つけられたんだし
<<続きを読む>>
2007/12/22 03:45 | ファッション | 眼鏡デザイン魔術・伝承 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


激走

Hunegrab Im Herbst
NAGELFAR

ジャンル:ブラックメタル

激走する「Empyrium」
という感じでしょうか。
でも、ボーカルの普通声がヘタ過ぎて萎えます(特に7曲目のイントロは最低!)
それ以外はなかなかツボを突きまくりの好盤と言えるでしょう。
キーボードの音がいい味出してます。遅い曲も雰囲気があって良いですしね。
特に5曲目以降が素晴らしく、美メロで疾走していきます。うひょー
日本のハードコア好きの人に受け入れられそうな作りだと思いました。
スタスタあるしスタスタ

しかし、3曲目の後半!なんですか?!
このキャッチーなメロディは(笑)
ブラックメタルなのに長調、、、
最初耳がおかしくなったかと思った。
メッチャ楽しそうやし、、、JPOP級の明るさですね。

ちなみに演奏はそこそこ上手いです。ドラムはぇええ、、、
オレはメロディックブラックが大好きなので、
かなり満足しましたが、神盤というほどではありません。
なんかねーもうちょい!あと一歩!って感じがすごくする。
悪くないのにねー
前半3曲が微妙なんかなー?
<<続きを読む>>
2006/03/29 21:11 | CD | シンフォニックブラックメタルカッコイイ系魔術・伝承 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


ミノタウロスな香り



商品詳細ページへ


BOUTARI KRETIKOS RED 2002
価格:506円 (税込531円) 送料別

臭せぇ

何だこのニオイは!かなり特殊なニオイで凄く好みがわかれそう。
オレはあんまり好きじゃない。味は悪くないんだけどね。
これが本来のワインの香りなのかなぁ、、、

ちなみにラベルの絵はクレタ島にあるクノッソス宮殿の壁画です。
ギリシャ神話のミノタウロスで有名な島ですね。
(ミノタウロスの物語に興味のある方はこちらを参照)
、、、昔の人はイカレてますね。
まあこの話に限らずギリシャ神話全般イカレてますが。
動物、人間、神様、関係なく即IN(笑)
人間臭いのはオレは好きですけどね。このワインの臭さは嫌いですけどね。
2006/01/03 22:03 | | ワイン飲み物魔術・伝承 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


| ホーム | 前ページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。