スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


目を覆うは人の群れ、耳を覆うは音の群れ
珍しくヘッドホンを買いました。
家にスピーカーあるので、外では音質は無視して
bluetooth接続のヘッドホンをずっと使ってたのですが、
ICチップ内で断線したらしくウンともスンとも言わなくなってしまったので、、、

t50p_110626.jpg




  beyerdynamic T50p

で、買ったのがコレ
一部ではクラシック専用とかいう評価みたいですが、
聴いた感じでは解像度が高い事以外は特にクラシック特化でも無いと思いますよ?
(個人的にはB&WのP5の方がクラシック特化してる気がする)

このヘッドホンで気に入った点は値段の割に各楽器の分離が良く、
モニター的に演奏が手に取るように分かるところでした。
密閉型なのに開放型の描写の部分があると言えるかもしれません。
(ただし、開放感のある音ではありません。しいて言えばライブハウスの音ですね。)
本当はsennheiser HD595の音が欲しいのですが、
あのダダ漏れヘッドホンはお外では使えんので、、、

一度ベーシストの人に聴いてもらいたい音です!
この価格でベースの音がしっかり「楽器」として鳴ってるというのがとても気に入りました。

個人的にオーディオ機器を聴く時は「ベースを雰囲気ではなく楽器として鳴らせているか」と
「ハイハットの音が均一に聴こえ過ぎないか」という二点に注意して聴くのですが、
その二点に関してはこのヘッドホンはかなり良い成績。
特にハイハットの音は振動中に叩いて更に振動を加えるため
毎回ちょっとずつ音色が変わります、
その感じが出せているかという点では同価格帯では間違いなく一歩出てると思います。

ただ、全てのヘッドホンに言える事ですが、
しっかりと耳に密着させるように調節しないとカスカスのゴミ音質でした。
調節さえすれば音質自体は良く、
この価格帯の基準としてもいいのではないかと思ったくらいです。

今回はeイヤホンさんで色々と試聴させてもらったのですが
やっぱりイヤホンは大体半額のヘッドホンと同程度の音質だと感じましたね~
イヤホンも色々音質改善の技術革新がされてるのですが、
それ以上にやはり物理的な振動板の大きさと、
ヘッドホン側の技術革新に勝てない部分が大きいのでしょう。

どーでもいいことですが、オルトフォンのイヤフォンってAKGの音にそっくりな気がする、、、

以上
<<続きを読む>>
スポンサーサイト
2011/06/26 21:59 | オーディオ | ヘッドホン試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


なんかやたらヘッドホンを聴いた、買うわけでもないのに
久しぶりに(自分以外の)オーディオを聴く機会があったので軽くご紹介。

IMG_0168.jpg

試聴に使ったのは下記CDです。
ヨーヨー・マ ベスト・コレクション
ヨーヨー・マ
SMJ(SME)(M) (2008-11-19)
売り上げランキング: 41844







Monitor Audio SILVER RX1

「モニターオーディオの新型!」ということで聴いてまいりました。
、、、が、なんじゃこりゃ?ってぐらい高音が伸びません。
まあ、まだエージングが出来てないんでしょうけど、
モゾモゾとしたモニターオーディオらしくない音でした。
RSのような爽快さを期待していたのに残念!
ツィーターとウーファーが別に鳴ってしまっている印象でしたねー



2009/09/20

注:RX2は全く違う音でした!こちらでレビューしています!






   AKG K701

聴いた瞬間に分かる良い音。
弓が弦に擦れていく音が余す所無く聴こえてきます。
とにかく無音からの立ち上がりが良く、音の見通しが遥か先まで効く感覚。
一音一音ピシッと決まる感じが爽快でした。
疲れるような「ピシッ」じゃなくて爽やかな「ピシッ」です。
高音の響きが素晴らしい。






SENNHEISER HD650

丁度下のウルトラゾーンと上のAKGを足して2で割ったような印象。
AKGを聴いた後だったので最初は「おや?高音が少し弱いな?」と思いましたが、
よく聴くとちゃんと鳴っていますし、全体的な調和がとれていて非常に聴きやすい。
完全な優等生の音ですね!
ウルトラゾーンのような立体感はありませんが、滑らかな音が印象的でした。






  ULTRASONE PRO 2500

いや、これは良かった!
音質的にはゼンハイザーやAKGに完敗しているが、自然な音の響きが素晴らしい!
スピーカー的な音の鳴り方で、空間に音が配置されていくような感覚に陥る。
「奏者が目の前にいる」という普通のヘッドホンでは難しいところを実現しています。
密閉型のタイプ(PRO750)もあったのですが、
そっちは折角の開放度が損なわれておりイマイチでした。
オレ的には一番欲しいかもしれない、、、






 beyerdynamic DT770E

値段にしては音は良いと思いましたが、
少し作った感じがあるのでそこで好き嫌いが別れるかも、、、
「楽器が前に出てくる所ではとにかく迫力が欲しい!」って人には合うでしょう。
どちらにせよ上で紹介したヘッドホンよりは荒い部分があります。






 SENNHEISER HD595

「一番コストパフォーマンスの優れたもの」も探ってみたのですが、
やっぱりコレに落ち着きました。
これより安いと何かしら妥協せざるをえない点
(高音がキンキンする、低音が無い、立体感の無い平坦な音になる等々)がありますが、
コイツはとりあえず「おっ、良い音じゃん」と満足して聴いていられる魅力があります。
少し押しが弱い、迫力に欠けるかもしれませんがスッと低音から高音まで伸びる
それだけで音の世界に入っていけます。
ワイドレンジとは言えませんが、音楽を楽しく聴くという用途には
一番合っているヘッドホンかもしれませんね。
2009/09/06 22:43 | オーディオ | ヘッドホンスピーカー試聴安価 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


無線に多くを求めてはいけない
SBT02_090810.jpg




 シグマAPO SBT02

特価で4000円だったので何も考えずに
bluetoothヘッドホン・ヘッドセットを買ってみた。
ペアリングは超簡単、装着感も悪く無い。
iPhoneで使ってみると、意外に音質も「許せるレベル」
(iPhone付属のイヤホンより若干悪い程度、人間の声より高音域はチリチリするけど)
問題は音漏れが結構することかな?遮音性も皆無だし。

bluetoothは「動けば良い」くらいに思ってたので、ちょっと使ってみようかな?
と思える時点で良い製品なのかもしれません。

しかし、MacBook Airで使うとヘッドホンモード(A2DP)で動作させても
音質が悪いのはなんでなんだ、、、
2009/08/10 02:30 | ガジェット | ヘッドホンヘッドセットハード | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


ヘッドホンにもアンプです
AT-HA20.jpg


ヘッドホンアンプってあるのと無いのとでは全然違うのな


オーディオセッションで唯一感じたオーディオ関連の感想。
前のに書き忘れてたので書く。
これまでも「違う」のは感じてたんだけど、
録音の良いCDとか聴くと、思ってた以上に変わることを痛感する。
なんていうのかな、演奏に躍動感が出てくるし、音も活き活きしてくる。
表現がしっかりと読み取れるようになるといった感じ。




audio-technica AT-HA20
価格:8,800円 (税込) 送料込

こんなのでも、メチャメチャ効果ありでした!
部屋でしかヘッドホン使わない人は、ヘッドホンアンプはマストですね。
2007/11/19 00:06 | オーディオ | アンプヘッドホン試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


arsOooooon!!!
今日、妹がこれを買いました。




SENNHEISER PX200
価格:7,460円 (税込) 送料別

いや、だって「良い音のヘッドホン教えてくれ」っていうもんだから、、、
オレのベストチョイスを教えたわけさー
これが、1万円以下のヘッドホンとしてはなかなかの性能。
高音、低音共に意外に伸びるし(切り方がうまいと思う)
特にハウジングの小ささを感じさせない鳴りっぷりは
一瞬「おっ?!」と思ってしまうこと請け合い。
それでいて音漏れは少ないのだから、優秀ですねー
耳にゴツイのを着けるのが嫌な人も、これなら納得では?!
(音質だけを考えれば、他社のゴツイヘッドホンの方がいいけどね)
「スタイルを邪魔しない、しかし音は妥協しない」という一品です。





白いのもあるでな。
<<続きを読む>>
2006/11/03 11:24 | オーディオ | 安価ヘッドホン試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


| ホーム | 前ページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。