スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑


やっと聴けたモニターオーディオGX100
多分、このブログを見に来るような方はもうとっくに試聴されてるとは思いますが、、、
やっとモニターオーディオのGX100を聴く事が出来たのでレビューを!




Monitor Audio Gold GX100

もうね、最初から褒めます。
素晴らしいです!MONITOR AUDIO!
繊細な微細な音からスッと立ち上がり、迫力のある太い強い音へ
スムーズというより目の前で生演奏してるんじゃないかっていう音。
いや、ライブだとここまで細かく聴こえないだろうからライブ以上か、、、

比較対象としてB&Wの805 Diamondを聴いたのですが、
個人的な好みでは圧倒的にGX100が好きですね!
リボントィーターのおかげかとにかく音の立ち上がりが早い!
音が前にドンと飛んでくる印象です。805は後ろの方でゆっくりと広がる感じ。
まあ逆に言えば805の方が柔らかく自然な音で、
GX100はカリカリした不自然な音なのかもしれません。
しれませんが、、、この指先まで見えそうな掘りの深い輪郭は素晴らしい!
音が空間を抉って聴こえてくるような高精細な音に酔いしれてしまいました、、、

もちろん今までのGoldシリーズだって良いですよ?
私の愛機GS10なんか素晴らしい音ですよ?
でもね、新GoldはもうPlatinum買わないならこれを買えってくらい
同価格の現代的な音色のスピーカーでは他を圧倒してると思います、、、

最近スピーカーがどんどん進化してるので楽しくてしょうがないですねー!
スポンサーサイト
2011/08/20 01:05 | オーディオ | スピーカー試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


後輩がラックスマンのアンプ買って帰った、、、
先輩はTA2020の自作アンプだというのに、、、(涙)

お店でいくつかスピーカーを切換えてもらいながら試聴したのですが、
その中ではやはりモニターオーディオのRX2が最高でした!
(比較対象はFostexのGX100、DALIのMENTOR-MENUET、、、と、B&Wの686だったか)
今は値段もかなり安くなっているようで、10万以下で余裕で買えるとの事。
エントリーモデルからのステップアップを考えている人にはこれを是非買って欲しい!
RX2が8~9万で買えるのであれば、同価格帯で相手になるのは
最近現れたMORDAUNT-SHORTぐらいしか無いのでは、、、




 Monitor Audio SILVER RX2




ちなみに後輩君が購入したアンプは、LuxmanのL-505uというモデル。



   Luxman L-505u

デノンの最高機種(SA-11)には敗北してしまいましたが、
低価格のデジタルアンプや、同価格帯のアナログアンプには圧勝でした。
アタックの強いアコギ等の立ち上がりが素直で、奥行きのある音が印象的。
バランス感覚に優れたアンプだと思います!
自分も好きなタイプの音だったので思わずウンウンうなずきながら聴いてしまいました(笑)

後、メーターカッコイイ、、、(そこかよ)

今回やたらブラック、ゴシック系CDを購入したので久々にレビュー書くかも、、、
かも、、、
2010/11/14 22:09 | オーディオ | アンプスピーカー試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


大阪ハイエンドオーディオショー2010
audiomachina_101114.jpg
もうAudio Machinaが素晴らし過ぎて他に言う事がありません!
圧倒的な透明感で他のスピーカー達をブッチギっていましたね!
ハードロック、女性ボーカル、ピアノ、アコギ、、、
色々聴かせて頂きましたが、どれも最高のリアリティで描かれており
音の世界に吸い込まれて一音一音に感動しっぱなしでした。
一音目が発せられた瞬間スピーカーは消え去り、
ただただ、音が眼前に迫り来るという印象です。




  AUDIO MACHINA CRM

まさかこの何の変哲もないデザインのエンクロージャーから
最高級の音が出てくるとは、、、
チンコスピーカー(Pure System MK2)は更に素晴らしい音ですが、
あれはもっとデザインがアレなので却下です。無理です(笑)



timelord_101114.jpg
Raidho AcousticsのAyraも、なかなか素晴らしいクールな音。
デザインも質感も良かったですが、音のリアリティという点では若干違和感あり。
空間表現はできてると思うのですが、少しキツさがあるのかな?
とはいえ、もしオーディオマシーナが居なかったら
多分一番良い音だったのでは無いでしょうか。

monitoraudio_101114.jpg
大好きなモニターオーディオさんは今年もダメ音をまき散らしておりました、、、
ぜってー印象悪いって、、、実力はトップクラスなのに、、、
なんなんだろ?本当はクールな音なのに無理矢理粘り気を出そうとして
グジャグジャになってる印象。
オーディオショップで聴くシルバーの方がレベル上です、、、

※てか、実は新型ゴールド(GK300)が会場に来てたみたいです、、、
 箱は見かけたのですが聴けた人いるのだろうか、、、教えて欲しいです。

SONICS_101114.jpg
SONICS animaは相変わらず暖かみのある活きた音色で、
演奏がありありと目に浮かぶ、音場型では最高レベルの音だと思います!
ライブ音源とかだと心地良過ぎていつまでも聴いていたくなりますね~

modanshort_101114.jpg
MORDAUNT-SHORTも改めて聴きました。
他のレベルが高過ぎる中に10万以下のスピーカーが入り込むのは無茶でしたが、
それでもかなり健闘している印象でしたね。
以前試聴した時と比べて濁って聴こえたのは環境が悪過ぎるためかな?

今年は各社PCとの連携を重視してアピールしていましたね。
そこは、まあ当然の流れなんですがあまり音が良くない、、、
これではまるでPCオーディオは音が悪いと宣伝して回ってるような印象でした、
全体的に使いこなしが十分でない印象を受けましたね。
(LINNは流石に良い音を鳴らしていましたが)

linn_101114.jpg
BGM的な心地良い音と冷静で正確な音、そして利便性。
全てが揃ってるのがLINNの素晴らしい所です。
デザインも最高ですし!
(オーディオマシーナは音は最高ですがデザインは最低です!(笑))

wilson_101114.jpg
みんなのあこがれ(?)ウィルソンオーディオは
新型サーシャで端正な音に落ち着きを加えていました。
ストレートでピュアな音に広がりのある背景描画力が追加され
スケールの大きな腰の据わった音でした。

会場で印象に残ったのは以上です。
しかし、毎年なぜ2階の音が一番悪いのだろうか、、、
一番人が来る所だと思うのに。



もう一つの会場のオーディオセッションも行ってみましたが、
いつも通り、あまり良い音の所はありませんでした。
唯一フォステックスはカチカチとした正確な音で好印象でしたね。
オーディオマシーナと比べても、深い低音まで十分出ており高音もハッキリクッキリ!
、、、なんですが、何故か煮え切らない。
何が足りないのか(もしくは何が不要なのか)分かりませんが、
「意識せずスッと音が入ってくる」のではなくて
「情報としてガンガン音を詰め込んで来る」という印象でした。
正直疲れる音です。

オーディオマシーナは目から鱗が落ちる音ですので、
機会があれば是非試聴して頂きたいですね~

そんじゃ今年の分、終了!
2010/11/14 21:08 | オーディオ | スピーカーイベント試聴 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


安価でよろしい感じのスピーカー
随分前にも書いた気がするけど、
最近音響技術(特に素材面)の進歩が目覚ましく随分変わってしまいました。
5万~10万あたりのスピーカーなら一昔前の
20万前後のスピーカーの音は出せているんじゃないでしょうか?
今回は2台ペアの価格で10万以下のスピーカー限定で書いてみます。



<とにかく安く!でも音はしっかり!>



JBL CONTROL1 Xtreme
大昔にも言ったけど、そんなのこれしかねーよ
これ以下のスピーカーだとヘッドホンで頑張った方が幸せになれるかもしれません、、、




B&W M-1
もしくはもうちょいお金出してこれか、、、
圧縮音楽しか聴かないなら、ここらへんがコスト的にもベストかもしれませんね。

注:M-1とCONTROL1では比較にならないくらいM-1の方が音が良いです。
  CONTROL1は「とりあえずオーディオのマネゴトが出来る」というだけです、、、



<オールマイティで安く>



とりあえずモニターオーディオのスピーカー買っておけば安心です。
昔はモニターオーディオも高価なスピーカーしか良くなかったのですが、
最近は安価なものにも力を入れているようで、
素直に「良い音だな!」と言える仕上がりになっていますね。
音楽はロックやメタルも聴くし、たまに映画も見るし、、、って人用です。



<ボーカル重視>



KEF Q300
楽器よりも人間の声!ボーカルだよっ!
って人はKEFで決まりです。というより安価なものではこれ以外選択肢無いでしょ多分、、、
新型になって音場全体のバランスも良くなりましたし。



<とりあえず高精細なのを!>



FOSTEX GX100
初めて意識して聴いたスピーカーがこれだったりすると、
透明感にビックリしたりするんじゃないだろうか?
ただ、カチカチと正確な音は聴いてて疲れるかもしれません。
BGMを軽く流すという使い方の出来ない音楽に正直なスピーカーです。
(上位機種のG1300は更にビシッと引き締まった音だったりしますが、、、)



<もっと安くで凄いの無いのか!!!>
スキャンスピーク製のリングラジエターでも買ってきて自作して下さい、、、



<えっ?!アンプとかいるの?!てかアンプって何?!>
モニター用のパワードスピーカーを買って下さい、、、
多分、それで満足できます、、、



<<続きを読む>>
2010/10/24 22:30 | オーディオ | スピーカー試聴安価 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑


ブロンズも良くなってるな~
モニターオーディオの新ブロンズ。
このブログに来られているような方は多分既に試聴済みとは思いますが、
やっと聴く機会があったので自分なりの感想を書こうと思います。




MONITOR AUDIO Bronze BX5




MONITOR AUDIO Bronze BX1

聴けたのは2機種、トールボーイとブックシェルフそれぞれ1機種でした。
音を出した瞬間感じたのは「おっ!ブロンズの味付け上手いな!」ということ
以前もレビューでも書きましたが、解像度等では上位機種に及ばないため
ブロンズはちょっとした味付けがされています。
それが今回はかなり上手い!

というよりは単純にスピーカーとしての性能が上がっているのかもしれませんね。
前にRXをレビューした時に感じた「GSの7~8割くらいの性能」ってのが
そのままBXは「RXの7~8割くらいの性能」って感じに当てはまってます。
前のBRでは濁ったまま雰囲気で押し切ろうとしていた高音部分も
ちゃんと綺麗に響くし、音が空間に配置されます。

それでいて、艶があり、パワー感もありといった味付けが良い感じでブレンドされてます。
これは安心して購入してもらえる一品に仕上がってますね!
もうVictorのSX-L33に負けてるなんてことはありません(笑)

トールボーイとブックシェルフで音質に大きな差異は感じませんでした。
当然この価格帯では余裕のある分トールボーイの方が良い音に感じるのですけどね、、、
残念ながらセッティングを詰める事が出来なかったので、
今回はブックシェルフの真の実力は不明ですが、
聴いた感じではかなり心地良い音に仕上がるのではないかと期待しています。
2010/10/24 18:06 | オーディオ | スピーカー試聴 | コメント(3) | Trackback(0) | pagetop↑


| ホーム | 前ページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。